八ヶ岳やペット(猫)のことなど、雑記帳

GW後数日の貴重なみどりの話と、ドウダンツツジ&ブルーベリーの花

JUGEMテーマ:趣味

こんにちは。どんなGWをお過ごしでしたか。

ドウダンツツジ

GWの週間は、八ヶ岳中信高原の自然環境のなかでは、なかなか微妙な位置づけで、
とくにGWのなか日からGW終わり頃の緑の状態が、独特です♡

ペンションメルヘン 庭とドウダンツツジ

天国的な清らかさと柔和なうつくしさで、その絶妙な時間は短いだけに、なごりおしいものがあります♪

ドウダンツツジ

昨日は雨だったけど夜降っている間も、ああ翌朝晴れたらもうみどりは「あのみどり」ではなく
一段濃くなってしまっているだろうなあー
と思ったら… (u-u) ん〜 まあ。。。しかたないですね^^*

メルヘン 庭のツツジ

それでも おおざっぱに言って 5〜6月は、まばゆい 最高の季節です!!(※紅葉の季節をのぞいて)
それはもうまちがいありません^▽^
標高差もあるし これから、いよいようつくしくなる木々もありますしネ♡ 個体差もあるから♪

八ヶ岳 庭のツツジ

八ヶ岳は、ドウダンツツジの名所だそうです。きれいですよ
うちの庭にはベニサラサドウダンもありますが(ツッピーたちの遊び場になってる)、
いつも開花は白より遅れます
またアップできたらいいな

そういえば、昨日の朝は、庭に出てみると なんともいえない あわいいい香りがしていたので、
なんの花だろう…とうろうろしながらあちこちの花の匂いをクンクンしてみましたが、
あれでもないこれでもないとくびをかしげてるうちに、
どこからか煙りのにおいが立ち込めてきて結局わからなくなってしまいました

あれはなんだったのかナ〜

この白いドウダンツツジを撮っていて、ふと後ろを振りかえると ことし植えたばかりのちいさなブルーベリーの木に花が咲き始めていました♡

ブルーベリーの花

まさかことしから花が咲くとはネ!びっくり。

ブルーベリーの花

はやくも、あの可変的な色の「実」を予感させる蕾の色…
もっとも実がなるのは 自然にでも人工的にでも交配しなければならないはずだから
簡単ではないでしょうが…^_^

ブルーベリーの花

でもかわいいなあ♡ 蝋細工のよう…

ブルーベリーの花

つぼみのうちは黄緑いろな部分が、開いていくにつれほんのり紅くなっていくような…萼。

ブルーベリーの花

おおきさも、ドウダンツツジとおなじくらい(うちのは木がまだ赤ん坊なのでもっとちいさいかな)
なのでうっかり見落とすところでした
木の花はそういうのがおおいですよね ウグイスカグラもそうでしたし

コバノガマズミ

そのむこうには コバノガマズミのつぼみ…。一部開きかけています

清泉寮の道路沿いに植わっている あのコバノガマズミのような 清涼な透明感が出るのには…
まだもちっと時間がかかるかな♡^^




 


COMMENT


comment



contents

Signesの書き手、Reiのプロフィール・Rei's Profile

Rei



vinmeru0001.gif

Signesのカテゴリー。八ヶ岳の風景・八ヶ岳高原の猫・八ヶ岳とペット旅行など

Signesの今までの記事

Signesの記事へのコメント

Signesの姉妹サイト・リンク集1。

Signesの姉妹サイト・リンク集2。八ヶ岳への観光関係・ペットと八ヶ岳の観光関係・ペット関係

friends

favourite

その他、ADMIN・RSS・ATOM




同書籍へのコメント
ひじょ〜に長いので、以下を
ご覧くださると有り難いです
→私的感想:参照URL


同書籍へのコメント
八木誠一先生は
東京工業大学にて一時
師事した恩師です
(宗教哲学・宗教学者/仏・基)。
これは先生がもっとも最近
私宅に送ってくださった書です。
→八木誠一公式サイト


同書籍へのコメント
八木誠一は
東京工業大学にて一時
師事した恩師です
(宗教哲学・宗教学者/仏・基)。
記号論・場所論を宗教哲学にも
端的に応用させる先生の、宗教
というジャンルを越えた書です。
→八木誠一公式サイト


同書籍へのコメント
音楽の中に哲学的なメッセージ
が込められていると思うのは
間違いではないと勇気づけ
られます^^;
ベートーヴェンの音楽に顕著である
運動力学的合理性・統合性・収斂性は精神の
それとひとつだと思われますが、
アドルノらしい的確さで
それらが分析表現されています。


同書籍へのコメント
神崎先生は現在私の母校
東京女子大学で数理学系の
教鞭をとられているようです。





























qrcode