八ヶ岳やペット(猫)のことなど、雑記帳

「再」来年度用カレンダーやカードのこと 笑)

JUGEMテーマ:ペット

 

こんにちは。少し時間がたってしまいました。

 

今は 例年のごとく 冬ならではの ススキの枯れたト音記号だの

凍り付いた綿毛だのをとるのは、ちとやめていて

 

フィルターをかけたような 色の実験等をしています...。

これまでの写真の新しい加工(自然の色の再現、にこだわらないヴァリエーションとサンスのもの)の実験をしたりなど。

 

カレンダー用 植物1

 

そしてまた、このblog以外にも、写真を載せている家用のblogやサイトがありまして、

 

カレンダー用6

 

宿のお客さまのペットのお写真を、アルバムblogにのせたりしていました。

 

カレンダー用 植物2

 

そこでふと考えたのですが、二種類のカレンダーを刷ってみようかニャと。

 

カレンダー用 植物5

 

※来年度用ではなく、「再」来年度用になってしまうところが、私らしくてズッコケるんですが。。

(個展をしたり庭に樹木を植えたり伐採したりで、軍資金が今年は、もうないのでした とほほ^^*)

 

カレンダー用 植物3

 

がともかく二種類のカレンダーに挑戦です♡♡

 

カレンダー用 植物4

 

↓ペット用のお写真は、こんな感じで撮れています♪

 

つい先日のお泊りの方のほか、

 

普段から親しいお友達や常連様からお選びしました♡

 

ペットカレンダー用1

 

ボーダーコリーのふさふさな感じ...

 

ペットカレンダー用2

 

同上。

 

ペットカレンダー用3

 

もう何回もお泊りのきゃわゆい柴ちゃん笑)

 

ペットカレンダー用4

 

超かわゆい こにゃんこたち

 

ペットカレンダー用7

 

そして...

 

ペットカレンダー用5

 

親しい友達のひとみつぶら ミニチュアダックス

 

ペットカレンダー用6

 

SNSお友達のMシュナウザー

 

こんなかんじで、あまり大きくない?カレンダーにしようかなあなんて 思っています♪

 

春からまた、撮りためたい♡

 

 

 



秋の南八ヶ岳——林の風景

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

こんにちは。今年は秋霖が長く、標高1000m程度しかない我が家付近は、今

山の眺めはばっちりですが、紅葉は...ンン、、、です^^*

 

なので、昨年までに撮っておいた、家の付近の林や、林の淵の風景を

すこしアート加工したものを載せておきます♡

 

一枚目だけは、家のすぐ上の林の入口。

 

八ヶ岳南麓 秋の林の風景

 

その他はほぼすべて、飛沢の池へ至るの小径です。

 

八ヶ岳南麓 秋の林の風景

 

八ヶ岳南麓 秋の林の風景

 

八ヶ岳南麓 秋の林の風景

 

八ヶ岳南麓 秋の林の風景

 

八ヶ岳南麓 秋の林の風景

 

八ヶ岳南麓 秋の林の風景

 

うるし?

 

かえりみち



秋になってきて...♪

JUGEMテーマ:趣味

 

こんにちは。

 

南アルプス 甲斐駒

 

昨年のいまごろは、八ヶ岳カンティーフェア——ポールラッシュ祭 について投稿していたのでした。。

(午前中だけ ササっと行ってきました、的な 記事...)^^♡

話題が話題だけに、けっこうたくさんのアクセスがあったみたいです(ウラを覗いてみました)m(__)m

 

一部の写真

 

八ヶ岳カンティフェア

 

ことしは、そのおかげか、ありがたいことにたくさんのお客さまが来られ、場所取りのこともあり朝もはよからお出かけになり、

宿に入ってからもにぎやかにお過ごしになられました♪^^

 

でもそのまえは、長い長い秋霖で、やまない雨はない ってほんとなの というほどでした(i-i。。

 

晴天日数の多い、といわれる八ヶ岳南麓でもそれはまぬかれがたく、異常な長さの雨続きでした。

 

 

ジョロウグモの巣とヨメナ?

 

ヨメナ「?

ヨメナ?

ヨメナ?

ヨメナ?

 

そういうわけで あまり出かけられなかったのですが、ここ数日は お天気、ようよう安定してきています♪

 

富士山とヨメナ?

 

 

それでも

秋霖の合間をぬって、ヒガンバナをどうしても撮っておきたいと、

 

畑の淵のヒガンバナ

 

今にも泣きだしそうな空の下 出かけた日の様子^^;;

 

近くの側溝

 

近所のツリバナです。毎年、通るのが楽しみなところ。この時期らしい風情ですヨネ♪

 

ヒガンバナの咲く時期から、↓

 

ご近所のツリバナ

ご近所のツリバナ

 

半月くらいの間↓このような感じでいました。

 

ご近所のツリバナ

 

おまけ お買い物に 下へ降りて行った日...

 

ブルーデイジー

 

ひまわり市場の近くのお花たち、ブルーデイジー

 

塀のまわりのコスモス♪

 

 

ひまわり市場の近くのお花たち、コスモス

 

この塀の向こうには、9月のあいだ 白いかわいい 野生的なニラの花が咲いていたのですが

ここ2〜3年見なくなったので、もう畑の栽培をやめてしまったのかな〜

 

もう少しすると、↓のような色の季節になります。。

 

近くの林

 

また家の周りを歩いてみたいです♪ ...が それとともに

今まで撮った 秋の林 をすこしアート加工もして こんどは出してみようかにゃ

 



夏の終わり——秋のはじめ お散歩しました♪

JUGEMテーマ:趣味

 

そーっと 秋めいてまいりました。

 

ヌスビトハギ?

 

裏庭のさびれた様子もこんな... ヌスビトハギかな。お花はかわいいけど 後が大変で...

 

裏庭の様子 カナムグラ

 

カナムグラ。刈らないとね

 

↓自生してる...マメ科、、、ツルフジバカマかクサフジか みたいな。。

 

フェンス沿いに咲く クサフジかな つるフジバカマ?

 

ありゃ。↓いつのまにか 実がなっていた うちのノブドウにも♪

 

フェンスのノブドウ

 

などといいつつ 自分の家のフェンスまわりを通り過ぎ...

 

少し散歩に出てみました。近所はお庭も、道沿いのコンテナも、こぎれいにしておいでのところが多く、

八ヶ岳や南アルプスなどの山々を撮らなくても、なかなか絵になるところが多いです♡

 

日当たりの悪い道

 

空中ブランコ (今年も会えたね)

 

このようなやや日当たりの悪い細道を通りつつ...(しかしここは野鳥の多く鳴きかわすところでもあります♪)

いまごろ満開に近いかなあ〜 と思えた白い芙蓉の咲き誇るおうちのまえに、来ましたが

 

白い芙蓉

 

お天気がどんどん悪くなってきて、あまり映える感じには撮れそうもなく...

芙蓉の樹の、あちらへ行ったりこちらへ来たり、うろうろと...。

 

白い芙蓉

 

最後には もう撮るのはあきらめて、ただ ああうつくしいなあ...としばらく見入っていました!

 

白い芙蓉

 

これほどにきよらかなのが、人気のない道に咲いているのは もったいないナア

 

(とはいえ花は、もともと人に見られるために咲いているわけでもなく... 

 山路来てなにやらゆかし、というくらいなので...)

 

色とりどりの実

 

またまた空中ブランコ... ゆやゆよん

..................

 

芙蓉の樹を通り過ぎてしばらく歩くと、畑の土手にさしかかりました。

ワレモコウがこんなに腰高になってゆらゆらと...

 

畑の土手に咲くワレモコウ

 

ほんというとこの 背の高い土手の先の いんげん畑に咲いている真っ赤な花を撮りたかったのだけど...

ひょいとよじ登ろうとして よく見ると、、、 (≧▽≦) イノシシ除けの網が張り巡らしてあり 凹

 

( (゚ー゚ ).。oO とはいえイノシシと、、、さして変わらない者ではありますが...

 

それでもまあ、、、感電すると何なので、一応避けて通らないとネ と思い、畑のふちにのぼるのは遠慮しました

あーあ 撮りたい撮りたいといつも思っているニラの花まで咲いていたのに 残念。。)

 

インゲン畑と反対側の道沿いに降りていくことにしました。

 

どこのお宅も小ぎれいにしておられ...♡

アナベルが咲いていたり...

 

アナベル

 

シュウメイギクがU字溝に沿って咲いていたり...

 

シュウメイギク

 

(^-^人) きゃわゆーい。。。 

 

シュウメイギク 

 

シュウメイギクの咲く道の反対側は、ちいさな園芸やさんが多いため、エントランス(とも道端ともつかない境界線)

をとてもきれいにされています♬

 

名前の解らないお花

 

このお花、いつも名前がわからないのですが... ちょっとネメシアとも似ているようないないような、、、

園芸種が野生化したのかな〜

 

ミントと黄色いかわいい花

 

ミントと混じって咲いています♪

 

黄色い花とキャットミント

 

やっぱり違うお花同士でも、会話してるみたい そうおもうとき 私の頭の中で鳴るのは

いつもあの民謡風の...伝承歌風の、小さなうたです  (植物の「精」という言葉とともに♪...)

 

もうすこし行くと、こんなにきれいな状態のルドベキアが... 某宅の庭先に!

 

ルドベキア

 

遠い昔、八ヶ岳高原の線路沿いを凌駕していた ルドベキア は、群生で、もっと背が高くて、なんというか...

異様なほどのたくましさを誇っておりましたが

 

リドベキア タカオ

 

最近のは改良種なのでしょう(タカオという品種かな...)

 

その真向かいには... まあ ヤマボウシ♡ こんなに実がなってた。

 

ヤマボウシ

 

重たげなくらい!すごいなあ♬

FBフレンドさんが教えてくださいました 食べるとマンゴーみたいですよって。

 

ヤマボウシの実

 

よそのお宅のなので口に入れることはありませんが 食べたくなってきますね^^

 

ヤマボウシ

 

(また来年ね♡...)



お子を撮ってみる——被写体に徹する子ども・収まりきらぬ子ども

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

こんにちは。

 

植物ばかり撮ってきましたが、それを続行するのにはまず雑草取りを徹底的にやらなければなりません凹

 

まだ肩が痛いのと指がただれており手袋をするのも蒸れてちょっと苦痛なことから、中断しております。^^*

 

夏休み中は子供たちがいらしてくださったので ほんと楽しかったのですが、

ことにお盆の最後の日は、翌日が休みなこともあり、freeな気持ちで子供らのあと追いかけまわして撮ることができました。

 

とてもまっすぐなひとみのいい表情など、撮れたのですが、

お子さんはやはり...そのままアップするわけにはいかず、やむなくモザイクをかけました。

 

雰囲気だけ感じ取っていただければと思います♡

 

もう十数年来の友人であるEさんがお子さんを生んでからまたメルヘンを訪れてくださるようになりました。

Eさん譲りの美しい肌をした姉妹が今年もいらして折り紙などで遊んでくれました。

 

妹さんのSnちゃん♪ 折り紙がすきです♡

 

Eさんのお子様 妹Snさん

 

こちらはそのお姉ちゃん。Skちゃん。

 

Eさんのお子様 Skちゃん

 

姉妹2ショット。

 

姉妹で

 

これも。姉妹で♪ なかよく *^^*

 

姉妹で

 

これは↓3ショットですが、右脇に一緒にいるのは別のご家族のお子で、

Eさん家の姉妹となかよくなったまひるちゃん(仮称)

 

ほんとはHちゃんというのですが、私のなかでは まひるちゃん、です笑)(意味は同じような。。)

 

Eさんの姉妹とまひるちゃん

 

仮称まひるちゃん♪は、そのキャラクターゆえ、ひさびさに私のお気に入りのおこちゃまです♡

 

Hちゃん

 

不意を突かれ、突き刺すような目で見つめ返していて、いい表情でとれたのですが、モザイクで残念。。。^^

 

まひるちゃんは、けして被写体に収まりきらないお子でした。

私が何も持たないでいると、ひとなつこく寄ってきて ねえあれしようこれしよう、とおねだりしていたのですが

よし、せっかくだからカメラで撮っておこう、と思った瞬間(まだカメラを持ったところを目撃されてないのに)

雰囲気で悟られて、急に警戒され始めました^^*

 

無防備な瞬間をねらおうとするのも気が咎めましたが、

そのうち、本人が撮られることより「撮ること」のほうに興味を持ち始めたので、

ほれ。重たいよーと言いながらも ひとしきりさわらせました。

 

あちこちいじって、自分でシャッターを切りたがりました。^^*

 

落とさないようにだけ、気を付けて、あとはやらせ放題にしました。

自分で何枚か撮り、気が済むと、「じゃああたしのことも撮ってもいい!」と駆け出して、カメラの向かい側に立ちはじめました^^*

 

面白い心理ですね。

 

お子によって、まったく写真を撮ること、の方には興味を示さず、もっぱらモデルに徹する子もいるのです(女の子にはわりと多いかもしれません、とくに肌が白くてきれいな子は。)

が、まひるちゃんは両側をまたいで渡るのが好きみたいでした。

 

モデルになってくれたあとは、また撮らせてー。あたしが撮る、とこっちへきたりしていましたので。

 

まひるちゃん

 

じつをいうと そういう子って、私にとっては興味津々です^^

 

思い返せば 自分自身は、被写体になることから徹底的に逃げ回っていましたが、そうかといってシャッターを切る方に興味があるわけでもなく、

ひたすらカメラまわりから遠ざかっているタイプだったように思います。いつもすべてを遠巻きに見ているような...

 

まひるちゃん

 

まひるちゃんは、天然のモデルとしても才能のある子でした。

 

まひるちゃん

 

というのも、ポーズをとる、というのでもないし、かといってまるきり無防備というわけでもない...

絶妙な仕草をすることができるのでした。

 

まひるちゃん

(別のご家族のお嬢ちゃんとわんこと)

 

ごく自然で、いかにもその子らしい表情だけれど、それをすると自分が可愛いのだ、というのは、何か統覚的に、知っている...

だけれど、それがけして無邪気さを損なうことは、ない。。という

 

そのつたない姿勢、歩き方、仕草、表情の一々が、はっとさせられる 奇跡の綱わたりの連続のようでした^^*

 

にゃんことまひるちゃん

 

それは、鏡なれした——させられた、というべきなのでしょうか...——お化粧してるきれいな大人の女性を撮るより

私のようなものにとって、どんなにおもしろいことか...

(まあ...それぞれ別な面白さ、ということなのでしょう。。)

 

幼いながらの才能とはこのようなものを言うのでしょうねぇ モデルさんになればあ?と兄も言っていました笑)

 

まひるちゃんのような子にとって、鏡を知っている世界と鏡のない世界は、どんな具合に統合されているのかなあ

 

子供をとることにチョット興味がわいてきました。。。動くので大変ですが,,,

 

お外で。かえるあそびばっかり!

 

Eちゃんの旦那様とお子たち姉妹とまひるちゃん

Eちゃんの旦那様とお子たち姉妹とまひるちゃん

Eちゃんの旦那様とお子たち姉妹とまひるちゃん

 

絵本の世界のようだねえ。と、小さいときはちょうどまひるちゃんのようだったちえこさんが言うので

そうそう。映画撮りたくなっちゃってねえ...などとはなしていました。。。。わはは

 

Eさんちのパパにくっついていくまひるちゃん笑)と、Eちゃんのお子姉妹。

仲よく遊んでいましたー♪

 

子供って絵になりますよネ♡

 



表現をすること 伝わること

JUGEMテーマ:趣味

 

こんばんは。

さいきん、私の住んでいる市では市民バスが通り始めました。

これはバス停。

 

マツバウンランの咲くバス停

 

アスファルトから、じかに出ています。

マツバウンランでしょうか。

 

萌木の村のメリーゴーラウンドまえでとったのより、ずっと薄い色ですが...。

 

アスファルトから出るマツバウンラン?

 

それがまっすぐ、アスファルト沿いに、列になっています。

 

アスファルトから出るマツバウンラン?

 

今(7/28)はもうほとんどなくなってきたのですが、秋にもう一度咲くかしら

 

アスファルトから出るというのは、土も肥えていないし相当しんどそうに思うのですが、

ライバルがいない(かぎりなくゼロに近くなる)ようにするのには、いいようですね...。

ギリギリの栄養のなかでも育つということなのでしょうか

 

こちらはすこしまえの(半月くらい前)庭の様子です

クラウンベッチのむこうがわの青のてんてんは宿根アマです これをメインにすえるには、まだまだ群生がたりません

株がもうひとまわりおおきく、育つといいですね。アマは、おさかな代わりになるDHAなど目のための成分が豊富なアマニ油も、アマの粉も愛用していることもあり、なつかしいような...とても惹かれる花です。

 

クラウンベッチと土手

 

クラウンベッチとアマの間には、ちいさな赤い花シレネのガリカが密生していました。

いまはもう終わりましたが...

 

クラウンベッチと土手際のシレネガリカ

 

これらがまだ咲いていたころ、Reiの写真展の開催中に、某カメラの大会社の技術者であられるT様と奥様(奥様も同じ場所にお勤め♪)に、無理を言っていらしていただきました。^^;;;

といってもカメラのほうというより、プリンターの開発設計に直接かかわられた、というすごい方です。

是非に...とお願いいたしましたら、ほんとうに、プリントでの色の出方などを、チェックがてら、写真展を見に来てくださいました♡

そして、ご夫妻と一緒に、私も同行させていただき展示を見て回れたのです。>▽<

 

ほんとうにありがとうございましたm(__)m

 

プリンターとPC上に表示した画像の色の出方の違いでちょっと苦労した画像や、側溝の水の反映(マルがたくさん画像に映るのですが)の出し方など、いっしょうけんめいお話ししていました^^*

それと、白っぽいグラデーションの出方などがにじんでしまった箇所など、(私にはわからない^^?)課題について話してくださっていたので、うといながらとても勉強になり、耳を傾けていました。

 

最後に一言おねがいします!のボードのあるところに来たとき、奥様がノートにひとこと記してくださろうとおすわりになった時に、

「Special Thanks T様 このプリンターなしではこの個展は開けませんでした どうもありがとうございました」と書いておいた

ちいさなボードを見つけてくださいました^^*

(ほんとうに、このプリンターに出会うまでは、出したい色もグラデーションも出せず雰囲気も出ずに、ほぼ完全に 個展など開くことはあきらめていたのでした^^;; モニターのなかとはちがって、プリントという ものの厚みのない世界に、「あの時出会って」いたはずの空気や色彩の奥行きを再現するのは、驚異的な技術というほかはありません)

 

ご主人様本人も、照れておいででしたが^^ 記念にとスマホにこの手作りミニボードを撮ってくださり、ああーやっぱり作ってよかった と思いました♪

目にしていただけてよかったです♡

 

一周しまして、最後に旦那様も奥様も とてもいい展示でしたとねぎらっていただけ ほんとうにうれしかったです。

そのあとソフトクリームまでごちそうになってしまいましたm(__)m

 

 

※プリンターの機種は Canon Pixus PRO-10S です

 

-----------------------------------

 

それから、今回の展示会の記事の最後に、

一言メッセ用ノートのこと。。。

 

罵声でも2,3浴びるかなとさえ覚悟していましたが

ふたを開けてみると ほんとうにありがたい言葉がいっぱい詰まっていました♡

 

色彩がとても自分好みだった(こういう色を出したいのです)という方、

躍動感を感じた、という方

めちゃめちゃ癒された と仰っていた方

一枚一枚の背景にどんな物語があるのか想像するのが楽しいとおっしゃった方

 

足元の世界の輝きを見ました、という方

日々(いやというほど笑)見ている植物のあらたな姿を発見しました、といった感想がいくつかあり、とてもうれしかったです。。

 

水玉の世界をみて、仏教みたいです と仰った方には おどろきました。

 

小さな声で歌っているようだった

呼吸しているみたい・息づいているみたいです、という反応も多く、忘れがたかったです。

 

それと、植物の精をよく捉えている  光や風をとらえているという言葉がありました...

その方はリースづくりなどされながら日々植物に触れておられる方でした

 

また、写真を 撮り始めたころの感動がよみがえって胸があつくなる思いがした、という言葉...

 

みなさま

どうもありがとうございました。

 

とくに

私自身にとってもっとも印象に残ったのは、障害を抱えたお子様をお育てのお母さんからのメッセージでした。

 

詳しいことを書き写すのは控えますが、日々の苦労を忘れることができた といっていただけたのにはほんとうにうれしかった

 

(彼女は、植物の光が映った——写し取った——場にある何か(etwas mehr)をも 感じ取ってくださっていたように思います... それで、センターをあとにしてからも私を探していてくださっていたのでした。。どうもありがとうございました♡)

 

 

 

表現する際、ときに 過剰になることがあります

表現の内容がそうなる、というのはもとよりですが

何かが超過しないと、表現とならない という意味もちょっとあります。

 

社会的存在なので 人に不快を与える過剰さには気を付けなければなりませんが

ある超過をかかえて表現となりひとの気持ちへと至る ことは 大事にしたいと思いました

 

癒しになった という言葉がたくさんあったのにおどろかされましたが

癒しを感じていただけるにも 没頭というか ある種の異常さをかかえて没入し

日常的な世界をはみ出ないと

人の非日常に到達できにくいと感じます

(自分の場合はそうです、、)

 

 

長くなりました

 

ほんとうにどうもありがとうございました

 

これらの思い出は私にとってほんとうに貴重なものです♡

 

最後になりましたが心よりの

お礼を申し上げます

 

 

Reiの写真展の 一連記事は 以下のカテゴリーです m(__)m

 

http://signes.jugem.jp/?cid=19

 

 

 

 



Reiの写真展とその後のポピー

JUGEMテーマ:趣味

 

うっとうしい梅雨の季節ですがいかがお過ごしでしょうか。。

 

今頃咲いているポピー

 

怠惰な私が、ずいぶんとおそまきながら撒いた種のおかげで笑)、いまごろになってポピーが庭のフェンス沿いに咲いており、

 

今頃咲いているポピー

 

赤・青紫・ピンク・白のヤグルマギクや、去年のこぼれ種で出たコスモスなどといっしょに、

 

今頃咲いているポピー

 

庭の隅で共演してくれています♡

 

今頃咲いているポピー

 

さて...

 

みなさまにほんとうにお世話になりまして、無事終了いたしました、Reiの写真展 (6/29-7/11)、

梅雨の時期ではありましたが、おかげさまで大成功だったと思っております♡

 

Reiの写真展無事終了しました

 

会場となりました八ヶ岳自然ふれあいセンターの方々に、ほんとうによくしていただいたことは、

お礼の言葉もないほどでした。

 

Reiの写真展 看板

 

じつをいうとセッティングのさいに、展示物のうち2,3枚の、額縁のガラスを割る、というハプニングがありまして>▽< 、

 

Reiの写真展をおこなったセンターの館内の様子

 

2日後にその交換に、いつもお世話になっている八ヶ岳パイ工房のMさんのお車で送っていただて、まいりました際、センターのスタッフの方々——代表でいろいろとお世話してくださいましたK様をはじめ、フォトグラファーでレンジャーのかっこいいS様や、かわいくてひたむきなまなざしの印象的なI様——等々とお会いすることができ、ほんとうに忘れがたい励ましの言葉をいただいたり、デッキにてたのしいおしゃべりを交わしたりすることも、できました。どれもこれも、一生の思い出です。

 

それと、そのとき私と会うことを楽しみにしてくださっていた若い女性スタッフのおひとり、そのI様が、フェイスブックの八ヶ岳自然ふれあいセンターFBページの、記事書きを担当してくださっており、スタッフのおすすめです、と「ただ今展示中」の紹介をしてくださいましたおかげで、それがNHK甲府の女性キャスターの方の目に留まり、その女性キャスター様がセンターに問い合わせをしてくださいまして(そのとき電話口でもスタッフのI様が担当してくださったのです>▽<。)、そのおかげをもちまして、NHK甲府に、取材・放送していただけました。m(__)m

 

NHKでとりあげてくださった写真は、次の二枚でした(ネメシアとしずく・たんぽぽ綿毛の膜)

 

ネメシアと雫

たんぽぽ 綿毛の膜

 

ズームアップしてくださったりまた引いてくださったりなど、いろいろ工夫してくださっていました。

 

ミゾソバ

 

ほかにもう一枚、予備のミゾソバのお写真まで、日時や会場となる場所の紹介画面のbgにさりげなく

使っていただきました♡

 

ほんとうにありがたい出来事でした。

 

取材してくださったキャスターの方も、自然好き・お写真好きの、やさしい、とっても感じの良い方でして、イベントコーナーのなかで、大変好意的に扱ってくださいました。m(__)m

あらためてお礼を申し上げます*^^*

 

 

写真展後も、センターのみなさまの、KEEP協会のまわりの日々のすがすがしい自然を切り取ったすばらしいお写真が降りてくるのを、いつも楽しみにしております^^♪

 

皆様の感性も自然と触れ合うお気持ちもほんとうにとても素敵で、とっても素直に伝わってまいります。。。

 

https://www.facebook.com/YatsugatakeFureai/

 

これからもどうぞよろしくお願いいたします♪♪m(__)m

 

後日、また こんどは 会場に置いてまいりました「ひとことおねがいします」ノート の中に、心温まるお言葉がたくさん記されてありましたので、(お名前は伏せさせていただきつつ♡)そのことについて と、

それから、このたび、本当にお世話になりましたCanonのプリンターを設計開発された(たまたまFBのお友達でつながっておりました)T様ご夫妻とも、一緒に展示を見て回れましたこと——このプリンターがなければ、写真展の実現は、ありませんでした——など、ありがたかったことをまた書かせていただきたいと思います♪

 

 

 



Reiの写真展、個展まであと三日 >▽<

JUGEMテーマ:趣味

 

こんにちは!

 

オルラヤ

 

オルラヤやシレネブルガリスのこぼれ種の発育がすごくて、生命力を感じる6月です♪

 

個展準備がいそがしくて、今の季節の写真を撮れないのが残念ですが(撮ると、展示物を差し替えたくなっていつまでも前に進まにゃ〜い)

宿根アマが5株、きれいに咲いていて(去年植えたばかりなので、今年花が咲くところまで行くのは無理なんじゃないのかと思っていたのですが。。。うつくしいです)、その手前に昨年こぼれ種をまいて育ち、越冬したオルラヤと、

 

オルラヤ(オルレア)

 

その周囲をシレネガリカのチラチラちいさいシックな赤が密生し、手前を早くもクラウンベッチが覆っているのはとても(園芸種なのですがふしぎと)野趣にとんでいて好きです^^ いい季節ですね

 

これからコバルトのエリンジウム3株も開花しそうです。いまはにょきにょき状態^^

 

 

クラウンベッチは、一度植えると大変だよぉ〜というのは知っているのですが、ここでのクラウンベッチはやはり一味違うものがあります。^^*

家の周りは、カラマツやモミなどの高木を蔓辺でのしあがっていくヤマフジや、ツルフジバカマ、クサフジなど、マメ科の同じような葉っぱの野生的な花でかこまれているので、違和感はありません。それと、クラウンベッチが覆うのは主に駐車場部分なので、だいじょうぶかなっと♡

 

宿根アマの咲く土手を上がっていくようであれば、ゼイゼイしながら草刈りをしましょう♪^^

 

 

 

さて

 

まえに二度ほど記事を書きましたが、

清泉寮の向かいにある、山梨県立自然ふれあいセンター(KEEP協会敷地内)にておこなう展示会、「Reiの写真展」の搬入日まで、もう間近になってきました。

 

6/29の午後から、はじまるのですが、搬入は当日午前中いっぱいに行わなければなりません。

けっきょく60点ほどに増えたうえに、いらっしゃいませの自作看板や、かんたんなプロフィール板など、いろいろ手作りした工作物もふくめると---写真の額やタイトルだけでなく、そうしたこまごましたのを、厚めの両面テープ(養生テープ)や、貼ってはがせる「ひっつき虫」くんなどで向こうのパーテーションにはり付けるのです---間に合うかな〜。。などどきどきするのですが、まあなんとかなるでしょぅ♡

 

あそうそう。

プロフ板やカメラ・レンズ・プリンターなど使用機種データ板づくりなどでは、ちょっと凸凹をつけてみたりして、出来る範囲で遊び心で工夫してみました。

実際の凹凸と、フォトショップのなかでのレイヤーがさねの凹凸との間で交錯するというか...冗談ぽいというか、フェイクみたいな。

つくづく、自分は階層をつみ重ねていくのが---平面的の反対が---好きなんだなあと思いました。

もちろんやれる範囲は限られていて、徹頭徹尾机上(PCの中)で済む話じゃなくて今回の場合最後は「工作」(実際に作り出す作業!)となるので、DIY苦手のわたし、不器用さも出ているけど...でも気にしないの。^v^

 

どさまわりは、思ったほど行かれてはいなく、個展が始まってからあちこち回らせていただく箇所が多くなりそうです。

搬入がおわったら2,3日は泥のように寝ると思いますが、そのあとで^^*

 

このまえ、最終下見にふれあいセンターに行った後、庭師ポール・スミザーのイラスト展を見に、

萌木の村にも寄ってきました。

 

萌木の村、ポール・スミザーのガーデニング

 

カレーで有名なお店ROCKのなかで展示。すごい行列><

 

萌木の村 rock

 

お店のまえにも あふれんばかりの 花、花。。。

 

rock 店の前の花、花

 

苗屋さんの販売会場の隅に、スミザーさんがちょうどいらしてて、カメラのお話しとかちょっと立ち話してきました♪

イラストが上手なだけじゃなくて、やはり写真もばっちりお撮りになれます♡

ソバナなどの撮り方を見ても(苗販売のところに、スミザーさん自撮りの写真付き)被写体の植物との接し方、雰囲気がなんとなく自分に近いかも、、、とワクワク♪

 

そうしたら、お父さんに教わりながら子供時代に使っていたのはペンタックスだったとか。

ピントが合うところはしっかりシャープに撮れても、そのまわりはふわ〜とした雰囲気など、やはり好きだそうです。

今はソニーの某機種にまでアダプターをつけて、、「たぶんそこまで出来ることはソニーも気づいてないかもしれないんだけど」など、その辺のマニアックな話になると「???」ですが、共感できました〜♬

 

んでもって、自分の展示会のチラシを、大胆にも渡してきました〜爆)

童話や詩も2,3点、展示物に入れるので、そのぶんも渡してきました〜笑)

 

萌木の村

 

この日は地元の苗屋さんの花苗売り場も、メリーゴーラウンドの下の敷地にたくさん出ていました♪

 

ひとつのディスプレイの前にひきつけられ、あれーこれはなつかしい香。。。と思うと、ふしぎととしこさんの顔が喚起され...

 

萌木の村 フラワーアレンジ 「八ヶ岳花遊び」のとし子さんのディスプレイ

 

ねえねえこれってとし子さんぽくない?

と兄に言うと、

あほんとだ。かいてあるよ とし子さんの名前が、と兄。

 

兄はあとでフェイスブックで、としこさんのは、外がわに在る「型」に「はめ込む」というベクトルじゃなくて、内側から解放されていくエネルギーを感じていいな、というようなことを言っていました♪ 自分で育てた花で作るからなのかしら、とご本人もおっしゃっていましたが、ほんとにわたしもそうおもいます♡

 

もうちょっと近づいたショット。天へとすくすくな感じで、のびやかでしょう?

 

八ヶ岳花遊び、としこさんのディスプレイ

 

ああ。今このアップした写真を見かえしておもうのですが、ワーイ(バンザイ)型に伸びる植物と、音楽的ならせんをまいて上昇する線とが、うまくまざりあっているみたい♬ 生きてる!のを感じて、自然な生かし方です。

 

スミザーさんの庭造りでも共通していることですが、

最近、潜在的にせよ、世の中に受け容れられて行きやすいのは、こういう自然感と、たくましい癒し ではないのかなあととても思います

 

スミザーさんが庭づくりをするようになってからの萌木の村に行くと、

 

萌木の村

 

子供さんもですけど、中高年の旅行客の方がとくに、無邪気な感じで喜ぶ声を耳にします。

この日も、「ねえねえ、お父さん いいねえ此処!」と中年の女性がさけびながら前を行く男性にパタパタ走り寄っていきました。

原点回帰できるのじゃないでしょうか♡ ^^

 

ちょうど私がスミザーさんと話しているとき、兄はこれまた偶然近くにいた萌木の村のオーナー舩木さんとそんなお話ししでいたそうですが、

八ヶ岳高原南麓というのは、ふたりのポールさん、という外国の方に、良さを見出され、引き出され、助けられているなあ、、、とつくづく思うのでした。

 

そんなこんなもあり、郷愁をさそうね とお友達のちえこさん(搬出を手伝ってくださいます(((o(*゚▽゚*)o))))にいわれた、

このお写真も展示の中に急きょ いれることにしました♡

 

夏草

 

でおしまい♡

じゃなくて、もういちど宣伝しなくちゃ...>▽<

 

あのあと、ふれあいセンターのかたに、プロフィールがないですよ〜、といわれてつくりなおしましたチラシ。。。^^*

 

Reiの写真展 チラシ

 

 

よろちく〜♡

 

 

 

 



Reiの写真展まで、あと一ヶ月を切りました>▽<

JUGEMテーマ:趣味

こんにちは。
いい季節の到来ですね♪

チドリソウ

うちでは、ポピーもまだもちろん咲いていますが、そのほかデルフィニウムに似た、↑チドリソウが咲いています。
(これはポピーを購入したとしこさんからおまけで戴いた大切なお花です。一年草でこんなに立派なの!?)

あと、帰化植物なのにわりとお気に入りなのでわざと植えた↓トキワツユクサ・ムラサキツユクサの季節です。

トキワツユクサ

アストランティアも咲き始めているし

アストランティア

ことしのアストランティア

そして、シレネ(立性 ブルガリス)がすっくと立ちはじめ、蕾をたくさん持って居ます。開花したのもひとつ見た笑)
でも…今朝はまだ群生していないので…撮らず、

ニワホコリと朝露

その手前にはびこるニワホコリ(イネ科の一年草)についた朝露など撮って
もちっと待っています^^;

ニワホコリのdew・dew

雑草って、、、なんてきれいなんでしょうね… 

どうにでも撮ってね ってかんじです 光さえあればいいのよ みたいな

------------------------

さて...

いろいろありまして、ごたごた・あたふたしているうち、もう写真展まで一ヶ月を切ってしまいました。

準備してるときの写真をここに、ちょぴっとのせます

ニャワユイにゃんこのお客さまがおかえりになったあと、食堂を空けて(椅子テーブルをいろいろどかし…)
額縁をならべて表題をかいたり

Reiの写真展 準備

ご挨拶のボードをつくっています

Reiの写真展準備

いろいろ、ハサミでジョキジョキし、、、なんか 幼児番組ひとりでできるモン♪ (o゜▽゜)o みたいなもんですw
ぎゃむばる…♡


それともういちどしつこく、↓翌月下旬のReiの写真展のチラシをのせま〜す
m(__)m

どうぞよろしくこ♡ ぺこぺこ♪

Reiの

きょうは一息いれますが、
明日からどさ回りをはじめたいと思います。図書館とか、いろんなとこにチラシを置かせてもらうため…

がんばりまうす♡

----------------------------

この、「写真展」の記事は、カテゴリをつくってその中に入れておきます
今年切りですが、それでも何かと不便にゃので♪^^

-----------------------------

☆追加〜!!

右float、Favourite link の欄に、FBでお世話になっております森健児先生のblogをリンクさせていただきました♪
いろいろとつらいこともあったのですが、根気よくほんとうによいアドヴァイスをたくさん戴きました♡
お礼をこめ♫^^/////


 


シレネ(ナッキーホワイト)の季節がやってきた//ポピーとオダマキのプロファイル

JUGEMテーマ:趣味

ツッピ夫妻は、ようやくちえこさんちでつくって戴いた巣箱に入りました!
その動画は、手持ち録画ですが、こちら♡

(※シジュウカラのつがい、巣箱に入る ↓ リンク)
http://kidonikki.jugem.jp/?eid=160


もう卵を産んでいるかな?? ドキドキ…

その後すぐに雨つづき…。ドウシテイルカナ〜。。。

今日も雨の予報ですが、いまのところ花曇りです。

シレネ ナッキーホワイト

シレネのナッキーホワイト。大好きちゃんですが、やはり今年も
立性シレネ軍団(シレネブルガリス)よりもはやく開花しました。
この子達がわさわさ咲いてくれると、自分にとっての春が本番、と言う気がします、はい♪

シレネ ナッキーホワイト

シレネ ナッキーホワイト


シレネ ナッキーホワイト

ついでに玄関周り。

玄関周り。ロベリア
玄関周り。シバザクラ

----------------------------
ポピーとオダマキちゃんの、続編です。

うちのポピーはとし子さん作で、中間色を引き出すための交配種ならしいですが、そのなかでもやっぱり何割かは紅い子がでてきたり、いろいろするらしいです♪

たしかになかのシベの様子などをみても、シャーレー系に寄った子とオニゲシに近い子と、あるみたい。
先日の続きで、きょうも一部、プロファイリング風…。

ポピー 交配種・どちらかというとシャーレー系

シャーレー系ちゃんですね(コレ系はとても好みデス♡)

シャーレー系ポピー

こちらは↓オリエンタル系ちゃん

オリエンタル系ポピー

ドキッというか、、どこかハッとしますにゃん…

お洋服も、お皿型とスカート型があるようで。。。

ポピーのよこがお

オリエンタル系ポピー

お色も橙がかった子もいれば、深紅にちかい子、あわいピンクのひだひだスカートの子などいろいろなのが、
ポピーの愉しみ♪♪


それからオダマキですが…
植えた感じは、うちの周囲の景観からか、すべて「洋風」に感じていたものの、
あれなんだ、こうして写してみると半分以上は丸きり和オダマキだったじゃん、みたいな感じでした。(@v@)


同じ子を、洋風に撮ってみましたらこう(こんな印象で居たんです…)

和おだまき 洋風に写す

が 和風に写すとこう…(というかやっぱり和オダマキですね^^;)

和オダマキ

ミヤマオダマキ…?なのかな もっと和風かな お着物系なかんじ、します

和オダマキ

白い子は…楚々とした感じ

楚々としたオダマキ、白い子

白いオダマキ

この白い子を見ると、昨年アップしたクリスタルを思いだしますが

(コレですね↓)
洋オダマキ クリスタル

去年ながく咲いた洋オダマキ、クリスタルは、移植したせいもあるのか
去年種をいっぱいつけた(ん。発芽しなかったな…今年も色々うごかしたから〜わけがわからなくなっているデス)
ので元気を喪ったのか… 葉っぱの状態はきれいでしたが
GWちゅうゴタゴタしている間にササっと開花しすぐ枯れたようです><

洋オダマキ ピンク

洋オダマキはすごく立体的なので><。。
坂の上でヨロヨロしながら手持ちでも被写界深度を10とか8とかにしなければならず、
ちとたいへんですニャン^^;

洋オダマキ ピンク

洋オダマキ ピンク
ツツジをバックに…

ツツジも長く咲いています♡

------------------------------
おまけ。同じ夕方に撮った庭木
例のブルーベリーやドウダンツツジです

夕陽とブルーベリー

ドウダンツツジと夕陽

夕方に撮るのは主題がもう光なので、何を撮っているかは二のつぎ三のつぎですねぇ〜
主・客がよくわかりません笑)
光をもっと強調もできますが…すると白い花であることさえもよくわかりませんニャ
(強調はおさえました …私らしくない?)

八ヶ岳高原では、西陽もごちそう、デス♡ アストランティアでもこれをよろこぶという…♪
 



contents

Signesの書き手、Reiのプロフィール・Rei's Profile

Rei



vinmeru0001.gif

Signesのカテゴリー。八ヶ岳の風景・八ヶ岳高原の猫・八ヶ岳とペット旅行など

Signesの今までの記事

Signesの記事へのコメント

Signesの姉妹サイト・リンク集1。

Signesの姉妹サイト・リンク集2。八ヶ岳への観光関係・ペットと八ヶ岳の観光関係・ペット関係

friends

favourite

その他、ADMIN・RSS・ATOM




同書籍へのコメント
ひじょ〜に長いので、以下を
ご覧くださると有り難いです
→私的感想:参照URL


同書籍へのコメント
八木誠一先生は
東京工業大学にて一時
師事した恩師です
(宗教哲学・宗教学者/仏・基)。
これは先生がもっとも最近
私宅に送ってくださった書です。
→八木誠一公式サイト


同書籍へのコメント
八木誠一は
東京工業大学にて一時
師事した恩師です
(宗教哲学・宗教学者/仏・基)。
記号論・場所論を宗教哲学にも
端的に応用させる先生の、宗教
というジャンルを越えた書です。
→八木誠一公式サイト


同書籍へのコメント
音楽の中に哲学的なメッセージ
が込められていると思うのは
間違いではないと勇気づけ
られます^^;
ベートーヴェンの音楽に顕著である
運動力学的合理性・統合性・収斂性は精神の
それとひとつだと思われますが、
アドルノらしい的確さで
それらが分析表現されています。


同書籍へのコメント
神崎先生は現在私の母校
東京女子大学で数理学系の
教鞭をとられているようです。





























qrcode