八ヶ岳やペット(猫)のことなど、雑記帳

Photoshop遊び−−フィオーレ小淵沢の風景

きのう「八ヶ岳アラカルト」にアップした、八ヶ岳高原の「花パーク・フィオーレ小淵沢」の風景写真をもとに、絵画風アレンジで遊んでみました。
(元写真の画像はここでは省略します、すみません)

新印象画風1
新印象画風その1
clickして拡大、別窓で表示



新印象画風2
新印象画風その2。筆致のニュアンス変化を優先し花の数は犠牲にしました
clickして拡大、別窓で表示


--------------------------------

印象派風
印象派風。そのため露光量を幾らかアップしました
clickして拡大、別窓で表示



世紀末風?
世紀末風?
clickして拡大、別窓で表示


--------------------------------

塗料
塗料
clickして拡大、別窓で表示



放射状
放射状筆致
clickして拡大、別窓で表示


---------------------------------

ピサロ風
ピサロ風?一時期のピサロのように色調調整でレッドとマゼンダとイエローを強めにかけました。
clickして拡大、別窓で表示



スーラ風
スーラ風
clickして拡大、別窓で表示


------------------------------------

ところで、フィオーレ内の花苗売場でお花をいくつか買ってきました。
タイム、マトリカリア、小振りの紅色マーガレットなど。。
明日は時間がとれればそれをアップしたいと思います


Photoshop遊び−−月舎さん

近所の蕎麦処、「月舎」さんに行って来ました。
看板
看板。。
コレはclickしても拡大しないよ


月舎、ダスト&スクラッチ
ノイズ処理のダスト&スクラッチのみで絵画風。
clickして拡大、別窓で表示


月舎、カットアウト
カットアウトで版画風(?)
clickして拡大、別窓で表示

何の花?その1
お店の前のちいさなお庭に、わりあい背の高い、繊細な花が咲いてました。花はとてもちいさいです。
clickして拡大、別窓で表示


何の花?その2
ノイバラをお蕎麦の花くらいに小〜さくしたような、でも背丈と形状はユキヤナギのようにスッとした、、何か不思議な花です♪
clickして拡大、別窓で表示


何の花?その3
先端のツボミ。うつくしい微妙な色合いの紅
clickして拡大、別窓で表示


何の花?ツボミのアップ
ツボミのどアップ。拡大したらバラのようですね
clickして拡大、別窓で表示


お蕎麦のおいしかったですよー。十割蕎麦のせいろを食べました。八割はあったけど、十割ははじめてだったのでうれしかったです。あ。お花の写真は絵画加工してません
「月舎」さんのお店の様子とアクセスは、Pメルヘン「八ヶ岳」アラカルトのほうで詳しく載せたいと思います。
月舎、店内
おまけ、月舎さん店内。ダスト&スクラッチとノイズの低減の応用
clickして拡大、別窓で表示



ペンション「メルヘン」のblog「八ヶ岳アラカルト」に、月舎さんの記事をupしていますのでよろしかったらそちらも見てください
http://pmeruhen.jugem.jp



contents

Signesの書き手、Reiのプロフィール・Rei's Profile

Rei



soundcloud

vinmeru0001.gif

Signesのカテゴリー。八ヶ岳の風景・八ヶ岳高原の猫・八ヶ岳とペット旅行など

Signesの今までの記事

Signesの記事へのコメント

Signesの姉妹サイト・リンク集1。

Signesの姉妹サイト・リンク集2。八ヶ岳への観光関係・ペットと八ヶ岳の観光関係・ペット関係

friends

favourite

その他、ADMIN・RSS・ATOM




同書籍へのコメント
ひじょ〜に長いので、以下を
ご覧くださると有り難いです
→私的感想:参照URL


同書籍へのコメント
八木誠一先生は
東京工業大学にて一時
師事した恩師です
(宗教哲学・宗教学者/仏・基)。
これは先生がもっとも最近
私宅に送ってくださった書です。
→八木誠一公式サイト


同書籍へのコメント
八木誠一は
東京工業大学にて一時
師事した恩師です
(宗教哲学・宗教学者/仏・基)。
記号論・場所論を宗教哲学にも
端的に応用させる先生の、宗教
というジャンルを越えた書です。
→八木誠一公式サイト


同書籍へのコメント
音楽の中に哲学的なメッセージ
が込められていると思うのは
間違いではないと勇気づけ
られます^^;
ベートーヴェンの音楽に顕著である
運動力学的合理性・統合性・収斂性は精神の
それとひとつだと思われますが、
アドルノらしい的確さで
それらが分析表現されています。


同書籍へのコメント
神崎先生は現在私の母校
東京女子大学で数理学系の
教鞭をとられているようです。





























qrcode